体育の授業ではサッカーに取り組んでいます。

この日はとても久しぶりの運動場でのサッカー。

広い芝生の運動場で子どもたちは楽しそうに走り回っていました。

 

授業では、ハードルをゴールにしたサッカー練習を行いました。

運動場にいろいろな方向を向けておかれたハードル。

この間にボールを通すことができれば1点です。

さて、何点取れたでしょうか?

中学部では、体育で運動するのと並行して保健の授業も行われています。

二学期に入ってから中1は「呼吸器・循環器」、中2は「応急手当」、中3は「感染症」についての学習をしています。中学部全員が一生懸命授業を受けています。

保健の授業では、これから社会で生きていく上で大切なことを学びます。

それぞれの学年で学ぶ単元をしっかりと勉強し、さらに知識を増やしていきましょう。

日本では9月に、小学4年生が「夏の終わりの生き物のようす」を学習します。いつでも暑いインドネシア、夏の終わりというわけではありませんが、学校の生き物たちに小さな変化が見られます。4年生が校庭を歩いてそれを発見!スケッチしました。「Flame treeに赤い花が咲いてたよ。」「マンゴーの実がなってる!」少しずつ雨季に近づいて、校庭の生き物たちがどう変わっていくのかが楽しみですね。

中学部の技術科では生物育成について勉強をしています。

今は使っていない学校の一部を利用し野菜を育てます。ただ育てるだけではなく、気象環境、土壌環境、生物環境に注目し、それぞれを調整しながら育成していきたいと思います。

 

育てる場所が今はこのような状態ですので、まずは土壌環境を整えることからですね。みんなで学校に更に緑を増やそうと思います。

 

 

 

10月7日(木)朝の図書集会の様子です。

図書委員会がお勧めの本を紹介してくれました。

本日は小学部が学校、中学部はオンラインにて参加です。

中学部の道徳の授業の様子です。今回は「よりよいクラス活動を目指して」という題材でした。「みんなで決めたことは守らなければならない。」や「そのために見通しを持って考えることが大切。」など素晴らしい意見がたくさん出ていました。

市内の感染状況が落ち着き、現地の学校が開校される中、ついにSJSの分散登校も始まりました。記念すべき初日は、中学部の登校です。予定されていた中間テストが実施されました。きっと、これまでの学習の成果を存分に発揮できたことでしょう。

4年生は、日本の文化である「俳句」を練習しています。

 

一学期の写真を見て一句よみましょう。これは体育館でバドミントンをしているところですね。

 どうすれば、季節感やそのとき感じたことが伝わるでしょう。みんなで、どんな言葉を選べば気持ちがよく伝わって、面白い俳句になるのか考えました。

『打ち返す』『汗をかく』『水飲みたい』『羽追いかける』・・・

みんなでいろいろな言葉を考えます。言い換えたり、順番を入れ替えたりしながら、言葉をパズルのようにつなげていき、こんな俳句ができました。いかがでしょうか?

 

   からぶりをして暑いけどもう一回