6月9日(水)は、施設利用日でした。

中学部では、2時間目と3時間目の間にある20分間の業間休みで有意義な時間を過ごしました。

男子生徒は図書室で読書をし、女子生徒は音楽室でピアノを弾いたり、聴いたりしました。

男子生徒、女子生徒共に、とても楽しい業間休みを過ごしました。

 

 

小学部1年生から中学部3年生までのSJSメンバーが勢ぞろいし、オンラインで、児童生徒総会が開かれました。執行部・交流委員会・図書委員会・体育衛生委員会、それぞれの委員長さんから、今年度の目標と活動計画が述べられました。各員会の今年度の取り組みがとても楽しみになりました。

最後には、執行部主催の「サウンドインスピレーション」レクを、みんなで楽しみました。「聞こえた音声を片仮名で表すなら?」というお題を、4つのグループに分かれて、それぞれ考えました。ユニークな擬音語に思わずみんなから笑みがこぼれました。

6月9日(水)の施設利用日の様子です。

中学部ではスラバヤタイムの時間に自分でインドネシアについてテーマを決め、

調べ学習を行っています。テーマは、宗教、自然、歴史、地理についてです。

 

5月29日(土),第43回創立記念式典を開催いたしました。

たくさんの方に祝福され,スラバヤ日本人学校の歴史の1ページとなりました。

これからも,SJSをどうぞよろしくお願いいたします。

小学部4・5年生は、7月実施の運動会に向けてダンス練習を開始しました。

今年度のダンスはもともとのダンスよりは簡単な振り付けにしています。おそらく2週間もあれば子どもたちは覚えてしまうでしょう。

しかし、それだけでは終わりません。

基本の振り付けができるようになったら、次は振付の創作にもチャレンジしようと考えています。

 

そして、それ以外にも本番に向けた隠し玉がまだまだあります。

 

驚きや発見、悔しさや嬉しさなど、日々新しい刺激を得ながら、本番に向けてたくさん練習をしていきす。

今日は施設利用日です。中学部は体育の時間に、新体力テストのシャトルランを行いました。去年よりも記録が伸びた生徒、去年よりも伸びなかった生徒がいましたが、みんな一生懸命に走りました。暑い中、よく頑張りました。これからも体力向上を目指して頑張っていきましょう。

小学4年生の理科、授業参観でツルレイシ(ゴーヤ)の種を牛乳パックの鉢に植えました。3連休が明けて見てみると、あれ!?もう芽が出そうです!日本の育て方の本には発芽まで10日前後と書いてあることが多いのですが…。「まだ4日目だよ!」「育つの早い!」「僕のはまだ。」と言いながら、インドネシアの青空の下、自分の鉢に芽が出てくるのを楽しみに待つ4年生でした。

5月24日(月)の施設利用で、中間テストを行いました。

テスト2週間前から学習計画を立て、しっかりと勉強しました。