毎日の朝の会では、

季節の歌を歌ったり、体操で体を動かしたりした後、

朝のあいさつと出席調べをします。

体操の様子↓

 

朝の会の後は外遊び

 

インドネシアは、

5月13日(木)14日(金)断食明け大祭(レバラン)で、

5月12日(水)~5月16日(日)まで5連休になります。

5月11日(火)の朝の会では、

断食をしている幼稚部のインドネシア人教員に

「どうして断食をするのか?」「なぜ明日から休みなのか?」などを

教えてもらいました。

 

5月17日(月)にまた会いましょう!

 

4月28日(水)

幼稚部のバナナがもうすぐ食べ頃を迎えるので収穫しました。

子どもたちは、鉈でバナナの木を切る迫力に圧倒されて

じっと見つめていました。

 

 

 バナナは67本もありました!

小学部やスタッフのみなさんにもおすそ分けできそうです。

 

幼稚部の子どもたちは、今日バナナを家に持ち帰りました。

まだ少し硬いですが、

4日ほどで食べ頃の黄色いバナナになるようです。

週末にご家族みなさんでどうぞ!

 

5月6日(木)母の日参観日を実施しました。

 

保護者の方には、

幼稚園に入るとすぐに親子で手洗いをし、

身体的距離を確保して配置したいすに座っていただきました。

朝の用意(自分の荷物の整理)、遊び、朝の会(歌や体操)

いつもの朝の様子を参観していただいた後に、

子どもたちの作ったプレゼントを渡しました。

 

参観終了後、中庭で砂場遊びをしました。

始めはこのような感じでしたが  ↓

 

どんどん楽しくなり、

泥んこまみれになっていきました。

 

 

4月26日(月)学校施設利用の日

子どもたちが幼稚園に遊びに来ました。

 

中庭には、大きなフレームツリー(火炎樹)の木があります。

 

 

その木の周りは日陰で、いつも気持ちのいい風が吹いていて、

じっくり遊びを楽しめる場所です。

 

フレームツリーの下には種が落ちていたり、

大きな根っこの周りにはカエルがいることもあり、

子どもたちは色々なものを発見して驚いたり喜んだりしています。

 

スラバヤは雨量が少なくなってきて、もうすぐ雨季が終わりそうです。

気温が高くなってきましたが、水分補給をしながら

子どもたちは元気に遊んでいます。

5月4日(火)

オンラインで柏餅作りに取り組みました。

 

まず、炊飯器で炊いたもち米をめん棒でつきました。

米粒がなくなっておもちのようになるまで

少し時間がかかりましたが、がんばってつきました。

 

 次に、おもちを丸めて、あんこを入れて、バナナの葉で包みました。

スラバヤでは柏の葉は手に入らないので、

柏の葉の代わりに、幼稚部のバナナの葉で包みました。

 

 できあがり! いただきます!

 

5月5日は子どもの日

子どもたちが元気に育ちますように。

4月20日(火)オンライン保育の日

朝の会で季節の歌を歌ったり、体操で体を動かした後、

年長ばらぐみは ”すうじパズルぬりえ”

年少たんぽぽぐみは ”くだもののぬりえ”に取り組みました。

オンライン初参加の小さなお友達も、

画面の前で力強く描いていました。

 

4月21日(水)学校施設利用の活動日

中庭、運動場でたくさん遊びました。

葉っぱや木の実を拾ったり、一年生の教室をのぞいたり、

興味のあることに対して自由に活動し、

学校施設利用の活動は子どもたちにとって刺激がたくさんあります。

4月29日(木)

中庭に大きなプールを組み立てました。

お天気がよく、水温も上がり、

水の中での遊びを気持ちよく楽しむことができました。

 

年長ばらぐみは、

ビート板を使用してバタ足にも取り組みました。

 

 

収穫したバナナは「黄色くなったら食べてください」

という言葉を添えて

小学部・中学部・学校スタッフ・警備、

みなさんにおすそ分けしました。

4月16日(金)

学校施設利用の日、戸外でたくさん遊びました。

ねこバスに乗って、小学部に行きました。

幼稚部を卒園して小学部1年生になったお友達に

会いたかったようです。

 

戸外でのびのびと遊ぶこと、

友達と関わること、

自分の好きな遊びに集中すること、

今の状況下、これらは幼稚園だからこそできる活動です。

学校施設利用で遊ぶことができる貴重な機会に、

これらの活動を十分に経験できるように保育していきます。