中秋の名月に合わせて

10月第1週、第2週に「すすき」「たぬき」「きつね」の

折り紙に取り組みました。

 

 

画用紙に、できた折り紙、お月様、お団子も貼り、

素敵な作品ができあがりました。

 

10月1日

スラバヤでも関東でも、

お月様がきれいに見えました。

 

 

 

9月3日(木)

”今までの感謝とこれからもお元気で”という気持ちを込めて

おじいさま、おばあさまにプレゼントするメッセージカードを

作りました。

 

 

カードを立体的にするための切りこみは、

保護者の皆様にお手伝いいただき、

温かいカードが出来上がりました。

 

 

例年は、

みんなでバスに乗ってスラバヤ中央郵便局まで出かけて行き、

ポストに投函するのですが、

今年は学校スタッフに投函をお願いしました。

 

 

 

 

9月17日(木)

臨時休校以来初めて、学校施設を利用した活動を行いました。

 

学校再開には至っていませんが、

園児のバランスの取れた心身の発達を目指し、

感染予防に努め、安心安全を第一に体制を整えることで

スラバヤ日本人学校の施設・環境を活かした活動を開始しました。

 

 

 

今後も週一回程度の予定で、

感染症対策を確実に実施しながら、

学校施設や環境を活かした活動に取り組んでいきます。

 

 

夏季休業中に、

自分で工夫して作った「音の鳴るもの」を

使って遊びました。

 

 

 

 

 

 

自由にたくさん音を鳴らしたり、

ピアノや色々な曲に合わせて音を鳴らしたり、歌ったり、

にぎやかで楽しい時間でした。

 

 

9月8日(火)、9日(水)

オンラインで初めて絵の具あそびに取り組みました。

指先に絵の具をつけて、絵の具の感触、

画用紙に触れた時の色の付き方、色の鮮やかさなどを感じ、

楽しみました。

 

保護者の皆様のご協力により、

オンラインでできることが広がってきています。

 

 

8月24日(月)

二学期始業式をオンラインで行いました。

臨時休校継続中のため、

残念ながら二学期もオンラインでのスタートとなりました。

二学期は、オンラインでも様々なものに触れる機会を増やし、

行事もできる限りオンラインで実施し、

オンライン保育内容の幅を広げることに努めてまいります。

二学期もどうぞよろしくお願いいたします。

 

オンライン始業式では、

夏季休業中に経験したこと、

二学期にやってみたいことなどを発表し合いました。

また、夏季休業中に取り組んだ3つのこと

(①はみがきカレンダー、②おばけ屋敷つくり、③音の鳴るもの)の

成果も報告し合いました。

 

 

 

毎日、朝の会では、

季節の歌や手遊び、体操に取り組んでいます。

 

「バナナくんたいそう」でバナナに変身しているところ

           ↓

 

朝の会(約30分間)が終了すると、

約10分間の休み時間を設け、休憩してから

その日の主活動に移ります。

 

9月7日(月)は季節の果物の折り紙に取り組みました。

 

 

「くり」と「かき」が出来上がりました。

 

7月23日(木)

折り紙で「ソフトクリーム」と「アイスクリーム」に取り組んだ後、

子どもたちから「アイスクリームやさんになりたい!」

という声が上がり、みんなでアイスクリーム屋さんごっこをしました。

 

 

画面のお友達と声をかけ合い、

上手にお金やアイスクリームのやり取りをし、楽しんでいました。

 

回を重ねるごとにお店はどんどんにぎやかになり、

アイスクリーム屋さんからデザート屋さんに進化しました。