授業参観では、日頃の頑張りをお家の方に見ていただくことができました。

その後の「第41回創立記念式典」では、児童生徒代表として、生徒会長が「愛のある温かさがSJSの伝統。自分たちが中心となり、引き継いでいきたい」との思いを述べました。

児童生徒会執行部が中心となって、対面式を行い、新入生や転入生を温かく迎えました。

また、中学部での学活を行い、「しつもんのわざカード」を使って、オープン・クエスチョンを用いてお互いのことを聴き合いました。

 

Wisata Bahari Lamonganに平成最後の遠足に行ってきました。仲間との絆を深め思い出に残る一日となりました。

昼食後の休憩時間には国境や年齢を超えて、だれとでも仲良く遊べるSJSの良さが見られました。

 

2019年度の着任式・入学式・始業式を執り行い、今年度のスラバヤ日本人学校中学部がスタートしました。

平成と令和を架ける年にあらたに2名の新入生を迎えました。一人一人が夢に向かってがんばります。