小学部2年生が1年生を連れて学校探検をしました。

学校にはどんな特別教室があるか、どんなものがあるか、しっかりと説明することができました。

職員室の入り方も練習し、1年生もきちんと挨拶をすることができました。

 4月30日(火),平成最後の日に全校遠足でラモンガン遊園地に行ってきました。

 小学部は1~6年生までの縦割りで班を構成し,5・6年生がリーダーとなって活動しました。

 当日は晴天にも恵まれ,どの班からも,子どもたちの楽しそうな笑い声がたくさん聞こえてきました。

 SJSでの思い出がまた一つ増えたようです。

      

 5年生は理科の学習で、雲の様子を観察しました。

iPadのタイムラプス機能を使い、毎日午前と午後の観察をしました。

撮影した動画を見て、わかったことや気づいたことを見つけています。

そして、それぞれが見つけたことを学級内で交流しました。みんなが感じた疑問点や予想などを話し合いました。

日本とは異なる雲の動きなど、今回出てきた疑問点などは、こらからの調べ活動を通して解決していきます。

 

 今年2月に行われた全日本書初め大展覧会において,たくさんの児童生徒が受賞しました。

 6年生も全員受賞!

 おめでとうございます。

  

 5月5日は端午の節句です。

 ここスラバヤでも,日本の年中行事を大事にしたいという思いから,中庭にこいのぼりを泳がせたり授業でこいのぼりをつくったりしました。

 また,2日(木)の全校集会では,図書委員のみんなが「端午の節句集会」を開き,端午の節句の意味を説明したり日本の年中行事に関する本を紹介したりしながら,日本の文化について詳しく教えてくれました。そして最後に,折り紙で兜を作りました。自分で作った兜に大満足の子どもたち。もっと大きな兜を作りたいと,休み時間に新聞紙で大きな兜を作る子どももいました。

 

 

 SJS小学部最高学年となった6人の子どもたちは,リーダーとしての自覚と責任をもち,よりよい学校にしたいという意欲に満ち溢れています。

 始業式翌日からさっそく,新一年生に,服のたたみ方を教えたり一緒に遊んだする頼もしく優しい姿が見られました。今後,多くの場面で活躍する子どもたちが楽しみです。