教育方針 Policy

1 学校経営の理念

本校は、文部科学大臣の指定を受けた在外教育施設として、スラバヤ市内及びその近郊に在住する日本人子女に対し、日本国の教育関係法令及び学習指導要領の示すところに従い、心身の発達に応じて、国家及び社会の形成者として必要な知識、技能、及び人間相互の関係について、正しい理解と協同、自主及び自律の精神を養うとともに、インドネシア共和国並びにスラバヤ市の実情をふまえ、地域の特性や実態に即した教育活動を創造し、実践することを目的とする。


2 学校経営目標

豊かな人間性と国際感覚を身につけた、心身ともに健康なスラバヤっ子の育成

<めざすスラバヤっ子>
Sahabat Yang Berharga(仲間を大切にする子)<徳育>
礼儀正しく、思いやりと感動する心をもつ子
*自他の良さを認め合い、学年の枠を超えて助け合う子
*正しい言葉遣いができ、誰とでも気持ちよくあいさつできる子
*豊かな社会性や感性をもち、進んでひと・もの・ことに関わる子
Rajin Belajar(一生懸命学ぶ子)<知育>
進んで探究し、意欲をもって学習する子
*自ら課題をつかみ、進んで解決しようとする子
*自らの力で考え、正しく判断できる子
*確かな考えを持ち、豊かに表現する子
Berbaden Sehat(健康で元気な子)<体育>
進んで心身をきたえ、最後までやりぬく子
*自分の健康に関心を持ち、進んで体をきたえる子
*自分の目標をもち、最後までがんばりぬく子
*共に励ましあい、協力し合って課題を解決しようとする子
 Yang Selalu Rukun Dengan Sesama(誰とでも仲よくできる子)<国際理解>
互いを尊重し合い、誰とでも仲よくできる子
*異国の伝統や文化に関心を持ち、積極的に異文化を受け入れようとする子
*互いの国の伝統や文化を理解し合い、そのよさを尊重し合える子
*互いの国の伝統や文化の違いを超えて、誰とでも仲よくできる子

3 学校経営の理念

スラバヤ日本人学校の長い歴史と伝統に培われた教育実践を継承するとともに、新しいスラバヤ日本人学校の創造に挑戦する。

(1)長期的目標
 ① 豊かな個性と創造力を育み、何事にも積極的に取り組む児童・生徒の育成に努める。
 ② グローバル教育の理念のもと、国際社会に貢献する人材を育成するため、語学教育を推進する。
 ③ 進んで運動し、自ら心身を鍛えようとする、たくましい心をもつ児童・生徒の育成に努める。
 ④ 自他共に尊び、互いを認め合う、思いやりと規範意識のある児童・生徒の育成に努める。
 ⑤ 常に授業の質を高め、効率化を目指すとともに、先進的な教育水準の維持に努める。

(2)中期的目標
 ① 基礎的・基本的知識や技能の確実な習得とそれを活用する力、主体的に学習に取り組む態度を養う。
 ② 国際社会に貢献する人材を育成するため、英語・インドネシア語教育を推進する。
 ③ 健康の保持・増進を図り、明るく活発に動ける丈夫な体づくりを推進する。
 ④ 自己肯定感を育み、自他共に尊び、非礼をせず、他を思いやる心を育成する。
 ⑤ ICTの活用による授業の効率化を目指すとともに、情報教育の推進、情報モラルの浸透を図る。


4 本校の今年度の主な取り組み

(1) 授業の質を高め、基礎学力の確実な習得と、応用力、主体的に学習に取り組む態度の育成に努める。
 ① 学力の向上を図り、「全校わかりやすい授業」実現のため、組織として指導法の工夫・改善に努める。
 ② 知的活動(論理や思考)、コミュニケーションや感性・情緒の基盤である言語の果たす役割を見据え、的確に理解  し、論理的に思考し、判断し、表現する能力を養う。

(2) 語学力を身につけ、積極的に異文化に親しむ教育活動を推進する。
 ① 日本国内の小学校における英語教育の早期化を見据え、全学年対象の「習熟度を配慮した英会話」、小学部高学年  の「外国語活動型」、中学部からの「教科型」による英語教育のさらなる充実を目指す。
 ② 海外立地の特性を活かし、インドネシア語の習得と活用を奨励し、現地の人々との交流を図る。

(3) 健康の保持・増進を図り、明るく元気に活動できる丈夫な体づくりを推進する。
 ① 運動量、特に主運動を十分に確保した体育の授業を基本とし、効率的で効果的な授業の推進に努める。
 ② 「運動会」「水泳指導」「業間運動(小学部)」「放課後運動(中学部)」「放課後学級遊び(低学年)」等の行  事や取り組みを通して、児童・生徒の健康の保持・増進を図るとともに、仲間を大切にし、目標に向かって力を合  わせ、最後までやり遂げようとする心を育てる。

(4) 自己肯定感を育み、自信をもって学習できる環境づくりを推進する。
 ① 要となる道徳の時間を通して心の教育の充実を図るとともに、 いじめを根絶し,互いに支え合い,自信をもって  学習できる環境づくりを推進する。
 ② 言語環境を整え、呼称や日常の言葉遣いへ配慮を通して人権感覚を育み、互いを尊ぶ精神を養う。

(5) 互いの国の文化や習慣を尊重し、自他共に尊び、非礼をせず、他を思いやる心を育成する。
 ① 互いの文化や歴史、伝統や習慣の理解に努めるとともに、互いを尊重し、非礼をせず、互いに思いやりをもって接  しようとする心を育む。
 ② インドネシアの学校との積極的な交流活動を通して両国の児童・生徒・生徒相互の友好親善を深める。

(6) ICTを活用した教育活動を推進する。
 ① 校舎内のWi-Fi環境を学習活動に生かし、ICTを活用した授業の効率化を図る。
 ② 教材の開発や資料取得に努め、ICT教育の質的向上に努める。