教育方針 Policy

1 学校経営の理念

本校は、文部科学大臣の指定を受けた在外教育施設として、スラバヤ市内及びその近郊に在住する日本人子女に対し、日本国の教育関係法令及び学習指導要領の示すところに従い、心身の発達に応じて、国家及び社会の形成者として必要な知識、技能、及び人間相互の関係について、正しい理解と協同、自主及び自律の精神を養うとともに、インドネシア共和国並びにスラバヤ市の実情をふまえ、地域の特性や実態に即した教育活動を創造し、実践することを目的とする。


2 学校経営目標

豊かな人間性と国際感覚を身につけ、自分の夢に全力で取り組むスラバヤっ子の育成

<めざすスラバヤっ子>
Sahabat Yang Berharga(仲間を大切にする子)<徳育>
礼儀正しく、思いやりと感動する心をもつ子
*自他を愛し、共に良さを認め合い、スラバヤ日本人学校の子として助け合う子
*正しい言葉遣いと、目を見て、笑顔で、気持ちよくあいさつできる子
*様々なことに積極的に関わろうとし、豊かな社会性や感性をもつ子
Rajin Belajar(一生懸命学ぶ子)<知育>
いろいろなことに興味・関心をもち、すすんで学習する子
*基礎・基本の学力を身につけ、それを活用できる子
*疑問をもち、自ら課題をつかみ、解決しようとする子
*自分なりの考えをもち、相手に伝わる表現ができる子
Berbadan Sehat(健康で元気な子)<体育>
すすんで心身をきたえ、最後までやりぬく子
*自分の健康に関心をもち、すすんで体をきたえる子
*自分の目標をもち、最後までがんばりぬく子
*励まし合い、協力し合って課題を解決し、互いを高めようとする子
 Yang Selalu Rukun Dengan Sesama(誰とでも仲よくできる子)<国際理解>
互いを尊重し合い、誰とでも仲よくできる子
*異国の伝統や文化に関心を持ち、積極的に知り、理解しようとする子
*互いの国の伝統や文化のよさに気付き、愛し、尊重する子
*互いの国の伝統や文化の違いを超えて、人として協力し、仲よくできる子

3 学校経営の理念

スラバヤ日本人学校の長い歴史と伝統に培われた教育実践を継承するとともに、新しいスラバヤ日本人学校の創造に挑戦する。

(1)長期的目標
 ① 豊かな個性と創造力を育み、何事にも積極的に取り組む児童・生徒の育成に努める。
 ② グローバル教育の理念のもと、国際社会に貢献する人材を育成するため、語学教育を推進する。
 ③ すすんで運動し、自ら心身を鍛えようとする、たくましい心をもつ児童・生徒の育成に努める。
 ④ 自他共に尊び、互いを認め合う、思いやりと規範意識のある児童・生徒の育成に努める。
 ⑤ 常に授業の質を高め、効率化を目指すとともに、先進的な教育水準の維持に努める。

(2)中期的目標

 ① 生きて働く「知識・技能」を習得するため、各教科の基礎的・基本的知識および技能を身に付け、思考力・判断力・表現力を育み、主体的に課題を解決する学習態度を養う。

 ② 国際社会に貢献する人材を育成するため、英語・インドネシア語教育を推進する。

 ③ スポーツライフの実現を目指し、児童・生徒がすすんで体力の向上と健康の増進を図るよう、学校の 教育活動全体を通して計画的に指導する。

 ④ 自己肯定感を育み、自他のよさに気付き、違いを認め、互いの生命や人格を尊重する心や態度を育て る。 障害への理解を深めるとともに、いじめの根絶に向け組織的な対応を図る。さらに、人を思いやる心や ものを愛する心、規範意識をはぐくみ、協調性と責任感をもった社会に貢献できる児童を育成する。

 ⑤ キャリア教育を充実し、生涯にわたり意欲的に生きるため、地域や人とかかわる活動を重視し、自己 理解を深めるとともに、オリンピック・パラリンピック教育を推進し、将来の自己実現に向けて夢や希 望をはぐくむ児童を育成する。 

 ⑥ICTの活用による授業の効率化を目指すとともに、情報教育の推進、情報モラルの浸透を図る。 

 


4 本校の今年度の主な取り組み

(1) 言語活動を充実させ「主体的・対話的で深い学び」を通して、個性を生かし児童・生徒が相互に高め 合う学習活動を推進する。

 ①  児童・生徒が「できた、わかった、もっと知りたい」を実感する授業の実現をめざし、「何を学ぶか、 どのように学ぶか、何ができるようになるか」の視点で授業づくりのための工夫・改善に努める。

 ②  国語科を中心に語彙力を伸ばし、各教科・領域において言語活動を充実し、主体的・対話的で深い学 びを実践できるようコミュニケーション能力を高める。

 ③ 児童が考えたり調べたりする活動の場や時間を確保し、体験学習や課題解決学習、情報活用学習など を推進し、加速的に変化する社会に対応できる思考力・判断力・表現力を育成する。

(2) 語学力を身につけ、積極的に異文化に親しむ教育活動を推進する。

 ① 小学部における全学年対象の「習熟度を配慮した英会話」、中学年の「外国語活動」、高学年の「外 国語」、中学部からの「教科型」による英語教育を実践する。

 ② スラバヤの特性を活かし、インドネシア語の習得と活用を奨励し、スラバヤの人々との交流を図る。

(3) 健康の保持・増進を図るため、自己の健康に関心をもち、すすんで自己の体力・運動能力の向上に取 り組む心体を育てる。

 ①  運動量、特に主運動を十分に確保した体育の授業を基本とし、効率的で効果的な授業の推進に努める。

 ② 「運動会」「水泳指導」「業間運動」「放課後学級遊び(低学年)」等の行事や取り組みを通して、オリンピック教育を推進し、児童・生徒の健康の保持・増進を図るとともに、仲間を大切にし、目標に向かって力を合わせ、最後までやり遂げようとする心を育てる。

(4) 自己肯定感を育み、互いを認め、尊重し、高め合う環境づくりを推進する。

 ① 特別の教科 道徳においては、自己を見つめ、物事を多面的、多角的に考え、自己の生き方について 深く考え、主体的・対話的で深い学びによる「考え、議論する道徳」の学習を通して道徳性を養う。また、各教科や全教育活動を通して人権感覚、互いの人格を尊重する態度や心情を培い道徳的実践力を養う。

 ② いじめは「しない」「させない」「許さない」「見逃さない」を 4 原則とし、いじめの早期発見、早期対 応を心がける。また、いじめにつながる、言葉遣いや態度の指導を徹底し、全教育活動を通じていじめの根絶や暴力、事故を未然に防ぐ指導の徹底を図る。さらに、初期のいじめや校内における児童の問題行動に対しても、組織的に対応し、重大ないじめや問題行動につながらないよう全職員で共通理解と共通指導を行う。

(5) インドネシアと日本を愛し、両国を尊重し、インドネシアの人々に敬意と親しみの心情を育てる。

 ① 互いの文化や歴史、環境、伝統や習慣の理解に努めるとともに、思いやりをもって接しようとする心 を育む。

 ②  インドネシアの学校との積極的な交流活動を通して両国の児童・生徒・生徒相互の友好親善を深める。

 (6) ICTを活用した教育活動を推進する。

 ① 校舎内のWi-Fi環境を学習活動に生かし、ICTを活用した授業の効率化を図る。

 ② 教材の開発や資料取得に努め、ICT教育の質的向上に努める。