学校紹介 About us

学校長挨拶 

                                              校長 福田 栄喜  

本校は、文部科学大臣の指定を受けた在外教育施設として、スラバヤ市内及びその近郊に在住する日本人子女に対し、日本国の教育関係法令及び学習指導要領の示すところに従い、心身の発達に応じて、国家及び社会の形成者として必要な知識、技能、及び人間相互の関係について、正しい理解と協同、自主及び自律の精神を養うとともに、インドネシア共和国並びにスラバヤ市の実情をふまえ、地域の特性や実態に即した教育活動を創造し、実践することを目的とします。

 ≪目指す子ども像≫

:礼儀正しく、思いやりと感動する心をもつ子、そして仲間を大切にする子

:いろいろなことに興味・関心をもち、進んで学習する子、そして一生懸命学ぶ子

:すすんで心身をきたえ、最後までやりぬく子、そして健康で元気な子

:互いを尊重し合い、だれとでも仲良くできる子

豊かな人間性と国際感覚を身に付け、自分の夢に全力で取り組むスラバヤっ子の育成を目指しています。

 

校章(昭和55年3月1日制定)

和田 章氏制作(初代PTA会長・東電設計)
ブーゲンビリアの花芯を形象化したもの

校旗(平成7年5月26日制作 平成6年度PTA寄贈) 

    

岡松美枝教諭 デザイン

校歌

スバラヤ日本人学校校歌                           

 作詞 水野 富士夫
 作曲 佐々治 一郎


1 朝雲分けて 燕帰りぬ
  ブランタスの里に
  幾千里 日本生まれの子を励まして
  われらスラバヤの子
  燕に学ぶ 努力の証


2 フレームトゥリーの 花房燃えぬ
  伝説の都に
  地の恵み 天の和みに富み栄えたる
  われらスラバヤの子
  焔に学ぶ 情熱の実り


3 朋友今日も 集まり散じぬ
  カリマスの港に
  水脈碧き ジャワ海は七つの海に続く
  われらスラバヤの子
  潮路に学ぶ 夢ある未来